管理人がおすすめする転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴は何と言っても圧倒的な求人数の多さと転職実績NO1ということです。 他社では見つからない魅力的な求人が多数ありますし、専門的な知識を持ったCAが約470人もいます。 そのため、転職が中々上手くいかなかったかたでもリクルートエージェントなら納得のいく求人が見つかる可能性が高いので、 絶対に登録しておきたい転職エージェントです。
⇒リクルートエージェントに登録する

当転職エージェントサイトについて

サイトの案内

当サイトは転職エージェントの情報はもちろん、
その他にも転職事情や転職するために必要なことなど、
転職・就職に関わる様々な情報を発信しております。
かなり本音でお話しておりますので、
参考にして頂けることも沢山あるのではないかと思います。転職・就職を希望している方のためになる情報を発信できるように頑張ります。


当サイトの転職エージェントおすすめページ

転職エージェントは無料で利用できますが、何故無料なのかその仕組みをお話しております。これがわかれば転職エージェントはどのような人材を欲しがっているのが見えてきます。

転職エージェントは単に求人を紹介してくれるだけではなく、正しい面接の方法や自己PRが上手く伝わる書類の書き方など 色々なサポートがあります。どういうサービスを提供してくれるのかこちらで確認してください。

転職エージェントに登録して果たして本当に転職しやすいのか誰もが気になるところではないでしょうか? ここに関してはかなり現実をお伝えしているので、企業側からみれば転職エージェントはどのように見えているのかもわかります。

学歴を気にして高卒だと転職に不利なのか気にする方がいますが、高卒の転職や求人の実情を詳しくお話しております。

転職エージェントの面談ではどのような事を話しどのような準備をしなければいけないのか? また、時間帯や場所などについても詳しくお話しております。

転職エージェントで内定や面接、求人などは断れるのか?どのように断れば良いのか?などの考え方についてお話しております。転職エージェントを利用する際の基本的な事ですので是非参考にして下さい。

せっかく転職できてもそれがブラック企業なら元も子もありません。転職エージェントの求人にブラック企業があるのか 本音でお答えしております。

評判が良い人気の転職エージェントランキング

リクルートエージェント

圧倒的求人数、転職実績NO1、年収の交渉力、職務経歴書の添削、面接指導など 転職エージェント活用して転職活動するなら登録しない理由はありません。 特に求人数が多いので、全てに職種や業種に対応しており、中々自分に合った企業がなかった方には大変おすすめです。 是非一度リクルートエージェントのCAに相談してみて下さい。 転職の悩みが解消されるかもしれません。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約10,000 約100,000 全国 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~40代 IT・メーカー・外資・不動産・商社など 営業・エンジニア・事務・経理・マーケティングなど
マイナビエージェント

キャリアコンサルタントの質、求人の質、サポートの質、採用率、年収UP率など全てが平均以上の質を保ち、 かなり利用しやすい転職エージェントだと感じます。 特にサポートに関しては1社ごとに面接対策をしてくれますし、アピールポイントも丁寧に指導してくれます。 そのかいあって、面接の通過率が高いと企業側からも登録者側からの評判が良い転職エージェントです。 かなりおすすめです。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約6,700 約27,000 全国(関東・関西中心) 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・通信・メーカー系 IT・経営企画管理・営業・機械・電気・MR
type転職エージェント

関東のみの求人ですが、登録者にキャリアがなくてもしっかりとサポートしてくれ、 キャリアコンサルタントの質もかなり高いと思います。その上できた方の年収UP率は71%にも及び、業界でもTOPくらいです。 経験やスキルが高い方はもちろん、そうでない方も対応してくれますので、 安心して転職活動が出来ます。


公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
約7,000 約30,000 関東 正社員
年代 得意業種 得意職種 おすすめ度
20代~30代 IT・製造・医療 営業・経理・人事・デザイナーなど

転職エージェントを比較

転職エージェントとっても沢山あるので、何処に登録しようか迷うケースもあると思います。
転職エージェントの選び方でお話していますが、
基本2~3社選べば良いのですが、どのような転職エージェントがあるのかまずは把握するのも良いでしょう。

その人状況によっても異なりますが、type転職エージェントとマイナビエージェントは必須だと思います。

業者名 公開求人数 非公開求人数 地域 雇用形態
リクルートエージェント 約10,000 約100,000 全国 正社員
type転職エージェント 約7,000 約30,000 関東 正社員
マイナビエージェント 約6,700 約27,000 全国(関東・関西中心) 正社員
パソナキャリア 約6,000件 約15,000 全国 正社員
DODA 約8,000件 約32,000 全国 正社員・派遣
マイナビエージェント×IT 約500件 約1,600 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉) 正社員
ファッショーネ 約1,000 約200 関東 正社員
ワークポート 約4,300 約7,700 全国 正社員
クリーデンス 約300 約1,200 全国 正社員
メイテックネクスト 約1,200 約4,800 全国 正社員
レバテックキャリア 非公開 非公開 関東 正社員・フリーランス
ハタラクティブ なし 1,000以上 東京・神奈川・埼玉・千葉 正社員

転職エージェントとは?

当サイトをご覧の方は転職エージェントについて最低限の知識があると思いますので、
今さら転職エージェントとはについてお話する必要はありませんが、
おさらいの意味も含めて簡単にお話致します。

通常の求人誌や転職サイトというのは、その情報誌やサイトに掲載されている企業に直接応募して
転職活動を致します。

対して転職エージェントというのは、その転職エージェントに登録することで、
CA(キャリアアドバイザー)という転職活動をサポートしてくれる専任のアドバイザーが付きます。

そのCAがあなたのこれまでのキャリアや希望を考慮し、
様々な求人を提案してくれたり、面接や経歴書などについてのアドバイスをしてくれます。

もちろん利用者は一切費用がかかりません。
無料でサポートしてくれます。

転職エージェントは求職者を転職させることで、
その方の年収の30%~35%を紹介手数料という形で企業から報酬をもらうビジネスモデルです。

ですので、転職エージェント側も人材を転職させないと売上が発生しない仕組みですから、
必死にサポートしてくれようとします。

つまり、転職エージェントは、自分一人で転職活動するのではなく、
専任のCAにサポートしてもらいながら転職活動するという事です。

転職エージェントの評判や本当のところ

一概に転職エージェントといっても、その企業、特にCAによって評判はまちまちです。

ベテランで企業の採用担当とのパイプがあり経験も豊富なCAもいれば、
経験が浅い若手のCAもいます。

また、利用者一人一人に親身になって対応してくれるCAもいれば、
雑な対応しかしてくれないCAもいます。

ですから、実際の転職エージェントの評判というのは
実際に利用してCAと直接話をしてみなくてはわからないというのが正確な答えです。

良いCAに出会えてスムーズに転職活動を出来る人もいれば、
自分の希望じゃない求人を提案をしてくるCAもいるかもしれません。

しかし、一つだけで言えるのは、利用者にとって転職活動する上でマイナスな面よりもプラスな面の方が多いと言えます。

担当者とそりが合わなければ別の担当者に変更してもらう事も出来ますし、
別の転職エージェントを利用しても構いません。
転職エージェントのサービスを利用するのに費用は一切かかりませんから、
自分の条件に合う求人を紹介してくれたり、丁寧に対応してくれるCAとお付き合いすれば良いのです。

転職エージェントはとにかくに利用してみて判断して下さい。

評判の良い転職エージェントの特徴

転職エージェントの良し悪しは実際に利用してみなくてはわからないというお話をしましたが、
どのような点を見極めて判断すればよいのかポイントを紹介していきます。

希望に合った求人を紹介してくれる

質の悪いCAに当たるととにかく様々な求人を紹介はしてくれますが、
自分の希望とそぐわない求人を多く紹介されます。

転職エージェントは利用者を転職させて企業から手数料をもらう仕組みですから、
転職させてないと会社の運営が出来ません。

ですから、質の悪いCAは自分の成績を上げようと
適当な理由をつけて様々な求人を紹介してくるのです。

逆に質の高いCAに当たると、数は少なくても利用者の希望に近い求人を提案してくれます。
また、利用者も納得して転職できるので、転職の先の企業から喜ばれ、
CAと採用担当者との信頼関係が強くなり、そのCAから人を紹介してほしいとなるのです。

【誤解しないで】自分のレベル以上の求人は紹介してくれない

自分の希望にあった求人を紹介してくるといっても、
明らかに自分のレベル以上の求人は紹介してくれませんし採用もされません。

例えば、経験もスキルも実績もないのに、高い年収や人気の職種や業種、企業などです。
条件が良いという事はその分求めらる要素も多くなりますから、
あくまでも今の自分のレベルにあった条件の企業だと思って下さい。

そして、今のレベルを客観的に判断してくるのが良いCAです。

丁寧な対応してくれるCA

質の悪いCAでもっともわかりやすのは対応が雑です。

例えば、就業中でも平気で電話してきたり、
メールの返信が遅かったり、メールの文面が適当だったりです。
とにかく相手の事を考えず自分の都合だけで対応してしまうのです。

そうしたCAに当たってしまったら即刻別のCAに担当を変えてもらうか、
別の転職エージェントを利用して下さい。
自分の成功報酬しか考えてない可能性が高いので良い転職活動はできません。

対して質の高いCAは、「小まめに進捗状況の確認や面談をしてくれる」、「良い求人があれば即提案してくれる」、
「不採用になった場合でも何がいけなかったのかしっかりと分析もしてくれる」など
利用者ができるだけ条件の良い企業に転職できるように対応してくれます。

業界や企業の知識が豊富で悩みを理解してくれる

CAの中にはその企業や業界の知識がなく、
利用者の話しを理解できないCAがいます。

そうなると上手くコミニュケーションが取れず
的外れな求人を紹介される可能性が高まります。

専門家とまでは言いませんが、少なくても業界の専門用語がわかり
企業の詳しい情報を持っているCAが良いでしょう。

相性が合う

利用者は社会人経験がありますから、相手と話すと
●誠実さが伝わる
●信頼できそう
●悩みをしっかりと聞いてくれそう

などということがわかると思います。

そうしたCAだとコミニュケーションが上手くでき、
より希望にあった条件の求人を引き出すことが出来るかも知れません。

一方、「何となく嫌い」「話が伝わらない」「相談しにくい」「偉そうだと感じる」
など自分との相性が合わないCAもいます。

相性が合わないから質の悪いCAだとは言い切れませんが、
円滑に転職活動を進めるためにも相性の合うCAに変更してもらった方が良いでしょう。
※窓口に言えば担当者を変えてもらえる

転職エージェント利用するメリットは?

転職活動する際、転職エージェントを利用しなければいけないことはありません。

転職サイトから自分で応募しても良いですし、ハローワークを利用しても良いのです。
それでも転職エージェントを利用するのにどのようなメリットがあるのか考えてみます。
転職エージェントに登録するメリットのページでも詳しくお話していますので、
併せて参考にして下さい。

非公開求人を提案してくれる

転職エージェントでは通常の転職サイトや
求人情報にはない非公開の求人を提案してくれます。

非公開求人は、極秘プロジェクトや新規事業の立ち上げによりオープンには公開できない内容で、
一般的な求人よりも年収が高かったり、仕事が内容が魅力的など条件が良いものが多いのが特徴です。

転職エージェントを利用することで、
そうしたお宝求人を見つけられるかも知れません。

職務経歴書の正しい書き方をサポート

転職活動でまず大切なのが書類審査に通ることです。
そのためにはポイントを掴んだ魅力的な職務経歴書を書くことが条件です。

転職エージェントでは応募する企業が何を求めているか把握しているので、
その企業毎に合わせた書き方のポイントや添削指導をしてくれます。
ここを学べるだけでも転職エージェントを利用する価値はあります。

正しい面接の方法を学べる

転職活動で最も難解なのが面接です。
面接で苦労している人も多いと思います。

転職エージェントではCAが、
●自分自身のアピールポイント
●応募先企業がどういった答えを求めているのか
●服装
●面接官に好印象を持ってもらうためのポイント

などが学べ模擬面接をしてもらう事が出来ます。

経歴が素晴らしくても面接で印象が悪ければ採用されませんし、
逆に経歴や浅くても面接で好印象を持たれれば採用される確率が高くなります。

自分の希望する条件に転職するためには面接の練習は避けて通れませんので、
転職エージェントを利用する大きなメリットとなります。
【関連】面接は落ちて当たり前
【関連】面接で落ちる典型例

応募先企業とのやりとりや条件交渉の代行

基本的に企業との年収や労働条件、仕事内容などは
全て転職エージェント側で交渉してくれるので、
利用者が行う事はありません。
特に年収に関しては転職エージェント側の報酬にも関わってきますから、
可能な限り交渉をしてくれるはずです。

企業とのやり取りを省けるだけでも転職活動の負担を減らすことが出来ます。

次の転職活動での改善点をサポートしてくれる

よっぽど優秀で運が良い人でない限り
何度が面接に落ちてしまうのは仕方ありません。
大切なのは、何故不採用になったのか正確に把握して次に生かす事です。

転職エージェント側では何故不採用になったのか企業からフィードバックされることがあり、
それが次の転職活動で大切な情報になります。

逆に何故不採用になったのか理由を知らずに転職活動を続けていると、
同じ失敗を続けて転職先が見つかりません。

転職の成功率を高めるためには、失敗の原因を知り次に繋げることです。
転職エージェントではそれが可能です。

次のページ転職エージェントの仕組み

第1位 リクルートエージェント
豊富な求人数

マイナビエージェント
おすすめの転職エージェント
第3位 type転職エージェント
年収UPして転職可能